2017年10月10日火曜日

信じるということ の ほかの 人の行為 一般化

物事の仕組みや原理を考える 共通点を探す。こうであるから こうにちがいないと 予測する。複雑なことを単純化して 全部覚えなくても良い 脳の動きを 一般化と呼びたい。 それは信じるという行為と性質が違う。人の行為以外の自然現象は 好んで一般化したがる。 周期律表 生体膜の活動電位のシミュレーション 原子力発電所の電気エネルギーに変換する仕組み わからないが 相対性理論や 宇宙の成り立ち まで とにかく 一般化 したがる。  一方 人間の行為は 信じる と 一般化 が  せめぎあって いる。奇跡は信じる 奇跡は存在せず科学的に説明できる。偏見はいけない。自由が大事。全体主義は困る。神を冒涜する。 言語の壁があるが スピノザの神の行為と人間の行為について考えること。 脳科学の発達 と AI。

看板に偽りありと腹をたて

上のことは日常よくみられることだ。看板に書いてあることを信じているからそれと異なると腹が立つ。信じるという 行為は日常誰でも その個人のなかで起こっていることだ。円を信じてないと物は買えない。クレジットカードや電子マネーは国家を越えて信用を与えている。貨幣や文字がないときでも ない土地でも 人は物と物 労働と物を交換する行為を信じている。 この信じると言う行為は あくまでも人がいないと成り立たない。対象があり人や人のなした行為である。地球や太陽や木々は信じる対象ではない。

2017年9月25日月曜日

山頭火句集 p305 筑摩書房

随筆 私を語る
ーーー 私は労れた。歩くことにも労れたが、それよりも行迄の矛盾を繰り返すことに労れた。袈裟のかげに隠れる、嘘の経文を読む、貰ひの技巧を弄くする、ーーー応供の資格なくして供養を受ける苦脳には堪えきれなくなったのである

2017年9月21日木曜日

旺文社数学1 p470

平面の決定
空間において、①~④のいずれかが与えられると、それらを含む平面が、ただ1つに決まる。② 1直線とその上にない点

notes このことを証明しようと思ったら、どうしても 直線 平面 空間 の 論理的な定義が 必要です。

ーーーーーー 読者もこの事実を各自の立体感覚に基づいて納得してくだされば十分です。


私は 各自がではなく 日本語が理解できる人が100%納得できるような気がします。


けれど なぜ そう思えるのでしょうか 不思議だ。


旺文社数学1 p470

平面の決定

2017年9月6日水曜日

諸行は五蘊から

五蘊は生きている人間の感覚の作った情報? この言葉は日本の現代語ではあるが。 諸行になると 人間の感覚情報を はるかに越えている。宇宙の物質とそのへんかを指している。しかし 時間は一方向にながれている。と解釈してよいか

2017年9月5日火曜日

A=B の 意味

プログラム言語(私には昭和50年ごろに大学でならい始めた知識) では A=B かかれていた場合 条件判断つかわれるもの。AとBが同じなら 旗をたてるフラグ1 AとBが同じでないなら旗を立てないフラグ0。 Bの中身をAに移しなさいと言う動作を命令するものがある。 仏陀の見つけた因果の法。Bが限りなくAに近づいていく。最初からある過程をへればBはAであるにちがいないという考え。一般相対性理論の大きな数字でも等価であるという考え方。ほとんど知らないが財務会計のバランス。保険の仕組み。介護保険でいえば要介護度1の人が要介護度1の状態で使う介護サービスの費用。各介護度の合計と事務費 それらを どうやって払うかを決める作業(行政)。国50% 地方自治体25% 保険料25%。などを決める作業。 いろんなところで いろんなA=Bが使われている。 奇跡を信じなさいと言うある種の宗教や 脅し 恐怖政治にはA=Bが軽んじられている。